1. TOP
  2. アトピー肌へのヒゲ脱毛の影響は?ヒゲ脱毛の痛みについて

アトピー肌へのヒゲ脱毛の影響は?ヒゲ脱毛の痛みについて

ひげ脱毛 アトピー肌

髭の脱毛中の注意点

髭脱毛を上手に利用することで、髭のオシャレを楽しむことができます。

髭を全部施術してしまうよりも、

  • 髭を伸ばした際に格好よい形になるように
  • 必要な部分のみだけ残して施術する
  • 濃い場合は薄くする
  • 頬や喉などの不要な部分の施術する

など自分の好きなようにできるのがデザイン脱毛なのです。

仕事のあるウィークデーではひげを剃り、休みにはひげを希望通りの形にひげを伸ばすことができるため、手間もかからず肌荒れの心配もいりません。

ただ、注意点として
医療レーザーを使用する施術をうけている期間は、レーザーは使用する機器の性質上、黒い色に反応します。

そのため、日焼けなどで肌が黒くなると肌の色にレーザーが反応してしまい、火傷の原因になることが考えられます。

その場合は照射ができなくなるため、元の肌の色に戻るため施術は延期になる可能性が高くなります。

施術を受けている期間は、普段から日焼け止めなどを使用して日焼けしないように心がけることが必要です。

また、アトピーの人の場合、先生と相談して安全にひげ脱毛にのぞんでもらえればと思います。

ヒゲ脱毛とアトピーについて

ヒゲ脱毛を行う際に注意しておきたい事の一つとしてあるのが、アトピー肌かどうかという点です。

脱毛をする時にアトピー肌の場合、特にシェービングでカミソリを使うので、それだけで肌に負担がかかってしまうので、肌トラブルに見舞われがちになります。

一応剃る前にシェービングフォームでビフォーケアをしたり、
添った後に保湿を行ったりとアフターフォローをしていけば、肌トラブルにもならずにムダ毛処理をすることができますが、シェービングフォーム自体が肌に合わなかったり毎回ビフォー・アフターケアをしなくてはならないなど何かと難があります。

ということもあり
このような事を解消する上で良いのが、医療クリニックでヒゲ脱毛の施術を受けるという方法です。

医療クリニックであれば事前カウンセリングやアフターケアなどがしっかりしている事から、肌が弱くても安心して手術を受けられますし、半永久的な効果が見込めることからヒゲの自己処理を行う上でのリスクや煩わしさから開放されます。

ただ、クリニックの脱毛の場合、照射のレベルが高いため、肌へのダメージはぬぐえません。

その意味で、痛みも含めて、サロンと平行して検討したほうがいいでしょう。

ヒゲ脱毛で感じる痛み

ヒゲ脱毛で感じる痛みについて

ヒゲは人により大きく違いがありますが、ムダ毛の処理は面倒な作業です。

特に男性のヒゲは毎日伸びるので、お手入れは欠かせないです。

怠れば、他人に与える印象も悪くなります。

毛の質が硬い人や量が多い人は何度もカミソリで擦る事になるので肌に与えるダメージが重なっていきます。

その結果、乾燥肌や敏感肌といった肌のトラブルを抱える事になります。

この様なリスクを伴うヒゲの自己処理を行うよりも専門家により処理をしてもらう方が安全で効率的です。

肌が弱い人のヒゲ脱毛はサロンで処理してもらうもの1つの方法です。

サロンでは光脱毛により処理していきます。

特殊な光を照射して毛根にダメージを与えていき、少しずつ毛を減らしていけます。

一昔前のニードルを使用しての処理とは違い、激しい痛みを感じる事が無いです。

人にもよりますが、指で弾く程度の刺激を感じる人が殆どです。

費用がかかりますが、毎日の作業から解放されると考えれば、決して高い金額ではないです。