1. TOP
  2. ヒゲ脱毛の安全性:未成年のヒゲ脱毛について

ヒゲ脱毛の安全性:未成年のヒゲ脱毛について

ヒゲ脱毛の安全性

ヒゲ脱毛 安全性

男性ホルモンが多い人はヒゲも多く生えてきます。

顔全体に生えてくる人いて、特にアゴや鼻の下に太い毛が生えてきます。

ヒゲは毎日剃っていても毛根まで処理ができないため、肌の色と混ざって青く見えてしまうことがあります。

青く見えてしまうと汚らしくなってしまい、女性からも好感度が低いです。

ヒゲは自分で処理をするよりも脱毛サロンで処理をすると良いです。

サロンでは光による脱毛をしてくれるのですが、顔は他の肌の場所よりも敏感にできているので、安全性の高いところを選ぶのが良いです。

事前に無料のカウンセリングを行うことができ、肌の状態などもチェックしてもらえるので、肌のトラブルも起こりにくいです。

毛根から処理をしてくれると青くヒゲが見えなくなるので、カミソリで処理をする時間も減ることや、清潔感も出てきます。

毛のサイクルに合わせて定期的にサロンに行くことが良いです。

アフターケアもしてもらえるので肌も綺麗になります。

ヒゲ脱毛で起こる副作用

毎日のヒゲ剃りは、面倒な作業の一つと考える男性はいるのではないでしょうか?剃って肌を傷つけてしまい、出血した経験のある人もいるでしょう。

綺麗に剃ったつもりでも、顎の下や頬の横に剃り残しがあったり、剃った後に青髭が現れたりと、思うようにいかず、腹がたってしまうこともあるはずです。こんな手間がかかるヒゲ剃りからオサラバできるならと、ヒゲ脱毛をする男性が近年増えています。

ヒゲ脱毛の方法は、ニードル、レーザー、フラッシュがあります。

ニードルは、永久に生えない方法とされていますが、施術に長時間かかり痛みを伴い、感染症を引き起こす可能性もあります。

レーザーも永久性が期待できる方法で、強い光を肌に照射します。そのため、肌や毛穴が熱を帯び、肌が乾燥していたり日焼けしている状態のときは、火傷をするリスクが高まります。
フラッシュの永久効果は最も劣りますが、副作用のリスクはその分低くなります。医療機関ではなくサロンで行えるのも、その理由からです。

未成年のヒゲ脱毛

未成年のヒゲ脱毛について

男性の場合、中学生ぐらいからヒゲが濃くなり高校生ぐらいになると周囲の人と比べてヒゲが濃いとコンプレックスになってしまう場合もあります。

ヒゲがコンプレックスになり、毛抜きで抜いたり剃ったりして肌を傷めてしまったりする場合もあります。

最近では、サロンで未成年の脱毛プランがある所もあります。

しかし、気になるのは高校生などの未成年がヒゲの脱毛を出来るかです。

10代でも施術を受ける事が出来ます。

しかし、10代の場合には親の同意が必要になります。

自分の意志だけでは、施術を受ける事が出来ず保護者の同意書が必要です。
また10代の場合には、思春期にあたりホルモンバランスの変化の激しい時期です。

肌にニキビが多く発生している場合もあります。
ニキビが多く発生している場合には、炎症などの肌トラブルが起きる可能性があり、施術を受けられない場合もあります。

また10代の施術を実施している所は、まだ数が少なくサロンを探すのが難しい面もあります。

関連記事;ヒゲ脱毛をするのに用意しておきたい予算